俺のサウンドを聴け~EVO!VFR400R&YZF-R6

29年9月10日 鈴鹿サンデーロードレース選手権第四戦 ST600インター

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

YZF-R6 秘密兵器!!

我がR6の弱点を克服するあるアイテムをついにヤフオクで入手!!!!

ある弱点とは水温っス!!  今の時期はマジキツイ!!
トミンではマジ走りで115℃のダラダラ走ると120℃の筑波では110℃前後という
温度をマーク!!

時期的には暑さの後半に入って遅いかもしれないが遅かれ速かれ必要に
なって来る物でいて来年も走るのなら要必要!!!!

その水温を抑えてくれるビックラジエーターはこれだーーーー!!!









06~YZF R6に付くCBR600RR用HRCキット改ビックラジエーター




金額も3万1000円とまあまあー安く買えたのでつーてもキツイです。(涙)
まあーエンジンの事を考えれば良いかな?(笑)


さーーて!いつ付けようかな~??
もちろん筑波TT前にはつけます!!
スポンサーサイト

| YZF-R6 | 17:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

え~そんなに水温上がるの?

真夏のトミンはヤバイけど、筑波なら真夏でも走っている限り100℃超えません。
大体、90℃ぐらい.....

良くノーマルラヂエターなのに性能いいですね!と言わるんだけど
やっぱクレバーウルフのカウルが優秀なのかなぁ~?

ちなみにクレバーウルフのカウルは前面からの風はすべてラヂエター導くようにラヂエター下の開口が塞がれてます。

これって、アンダーカウル外すの大変だし切っちまおうか!と思ってましたが、メチャ効いてるんだぁ~ビックリ....

| yma | 2010/08/17 19:13 | URL |

私はR6っていっても03年式だしノーマルだし参考にならないと思うけど。でも過走行で冷却もよわってるだろうし、さんこうまでに。

筑波は真夏でも走行中は90前後。
トミンでも真夏で走行中92度くらい。

ピットに戻ってエンジン切るときには真夏で104どくらい。
ファンが廻っているときは真夏で停止状態でも105から106くらいまでしかあがりません。

110以上は見たことありません。
参考までに

| bab | 2010/08/18 07:37 | URL |

Re: タイトルなし

ymaさん

そうなんです!そんなに我がR6は上がってしまうんです!e-350

ノーマルでそれは凄すぎる!!! 確かにクレバーカウルは優秀かも!!

「前面からの風はすべてラヂエター導くようにラヂエター下の開口が塞がれてます」
我がR6はそのような構造になってないッス。

アンダー取り外しはこちらの方が簡単だと思いますが外しにくいアンダーでも水温が低くなるのでしたら
そちらを選びますよ!!

それにしてもレースカウルって色々あるけど違うのはデザインだけかと思ってましたが
そういうとこも違うのかとymaさんとの違いで納得!!




| みっち~ | 2010/08/18 14:25 | URL |

Re: タイトルなし

BABさん

参考ありがとうございます!

やはりノーマルは素晴らしい水温キープ力ですね!
レース用なので水温はこんなものかな?っと最初は考えていたんですが色々な人達の話を聞いていったら
高すぎるので対策としてのビックラジなのでこれで筑波TTでの水温は気にしなくても大丈夫かと・・・・




| みっち~ | 2010/08/18 14:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogmichi.blog65.fc2.com/tb.php/89-291f5fc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。